eBay Buy It Now VS Auction オススメの出品方法は?

ebay, 出品

ご存知の通り、eBayでは主に3つの出品(販売)形式があります。

オークション形式(Auction-style listings)
固定料金形式(Fixed price listing)
オークションと固定料金形式の組み合わせ

eBayで確かな利益を上げるためには、商品の価格を適切に設定することがとても重要です!

出品形式および販売価格を決める時、出品形式の特徴をつかむだけではなく、過去の取引履歴を検索するなどして似たような商品がどのくらいの価格で売れているのかを調べてみましょう。

バランスの取れた金額、すなわち販売希望価格とバイヤーに買い求められやすい価格に設定することがeBayビジネスの成功を左右します。

今回は、バイイットナウ形式とオークション形式の特徴などを詳しく解説させていただきたいと思いますので参考にしてくださいね!

オークション形式とは?

オークション形式の出品(auction-style listings)では、出品商品対し最も高い価格をつけたバイヤーにその商品を販売する形式のことです。あらかじめ即決購入額(Buy it Now)を設定し、オークション形式と固定料金形式を併用することもできます。

特に需要の高い商品、希少価値のある商品(プレミアムもの)や一品物の場合は有効だとされています。オークションはバイヤー(入札者)の興味をひきつけることができるので、場合によっては固定料金形式出品よりも販売価格を大きく引き上げることができる可能性があることを覚えておくとよいでしょう。

オークション形式では、設定金額を低めに設定することでバイヤーの商品への興味関心を高めることをオススメいたします。

ひとつの商品を大量に持っている場合はオークション形式はお勧めいたしません。なぜなら、出品手数料が出品毎に請求されるからです。

また、高価な商品をオークション形式で出品する場合、もし入札額やバイヤーの興味があなたの想像より低かった場合、あなたは大きな損失を抱える可能性もあることに注意してください。

販売価格の設定

開始価格を高く設定してしまうとなかなか買い手がつかないということがありますよね。

そこで役に立つのが「リザーブプライス(reserve price)」です。

リザーブプライスとは「隠れた最低価格」を意味します。

開始価格の他に「最低限確保したい金額」としてリザーブプライスを設定することができます。これはバイヤーには非公開の設定であるため、バイヤーはその金額を確認することができません。

リザーブプライスを設定しておくとバイヤーによる入札価格がリザーブ価格に満たなかった場合には、その商品をバイヤーに売る義務が生じないため、あなたの利益を守りながらオークションの開始価格を下げることができるので、販売戦略のひとつとして効果的な手段だと言えます。

オークション期間

1、3、5、7、10日間から期間を設定できます。

詳しくは出品期間ページを確認してください。

手数料

「出品手数料(Insertion fee)」「落札手数料(Final value fee)」「オプション機能を利用した場合のサービス料金」が発生します。

詳しくは出品手数料についてページを確認してください。

固定料金形式(Fixed price listing)

固定料金形式(fixed price listings)とは、販売価格を決めて商品を出品する形式のことです。オークション形式の入札は行われず、即決購入(Buy it Now)での取引となります。出品の最低価格はeBayが定めていますが、eBayサイトにより価格は異なります。

一部の商品カテゴリーを除き、ベストオファー(Best Offer)オプションを利用することもできますのでぜひこの機能も併せて活用してみましょう!

ベストオファー(Best Offer)とは、バイヤーからの「値下げ交渉」に応じるオプションのこと。もしベストオファー(Best Offer)経由でバイヤーが提示した金額にあなたが同意できる場合は、その価格で販売することができます。

こちらの販売形式は、DVDやCDなど、購入価格が一般的に知られている商品に対して効果が期待できるといわれています。

固定価格出品期間

3日、5日、7日、10日、30日、Good ‘Til Cancelled(略語 GTC)

Good ‘Til Cancelledとは「キャンセルするまで出品し続けられる」という意味です。

他の選択期間と違って、期間が来たら「自動終了」になることなく、セラーがその商品をキャンセルするまでずっと eBay に出品され続けます。

出品手数料はどうなるのか、気になりませんか?

出品手数料は30日毎に「新しい出品」として請求されます。出品料無料の枠がある場合は、そこにカウントされます。ウォッチに入れている人の人数もそのまま残りますので安心してくださいね。ウォッチャーが途切れないのは嬉しいですよね!

だったら、30日出品にしておけばいいのでは?と思う方も中にはいらっしゃることでしょう。

出品数がどんどん増えてくると、GTCで出品し続けておく方が管理も楽といえば楽ですよね。在庫が複数ある商品の場合はGTC出品の方が断然効果的です。

また、先ほど少し触れましたが、ウォッチャーの多い商品が「30日出品」で売れなかった場合、再出品しますよね。その時に気をつけていただきたいのが「ウォッチャー数」です。再出品した時、これまでのウォッチャー数はキャリーオーバーされません。つまり「0」ウォッチャーにリセットされてしまうのです。

オークションと固定料金形式の組み合わせ

オークション形式を選択した場合でも、出品期間中に「今すぐ購入(Buy It Now)」ボタンを設置し、希望入札金額での購入希望者がいたら即オークションを終了し販売する流れを選択することができます。需要の高い、見つけにくい商品やユニークな商品を出品するのに最適な出品方法

商品購入決定まで待てないバイヤーや、入札単価が跳ね上がることを避けたい場合、すぐに商品を購入することができます。

もし在庫が1つ以上ある場合、オークションと固定料金形式の組み合わせを選択し、もう一方の出品を固定料金形式(Fixed price listing)に設定してみてください。これをすることによって商品価格を比較検討中しているバイヤーに対して、価格交渉を促すベストオファー(Best Offer)へと誘導することが可能になります。

一種のマインドゲームだと考えてみるとよいでしょう。

あなたがバイヤーの立場だとします。

同じ商品を買うなら、ひとつの金額だけを提供しているセラーからではなく、オークションや固定料金、ベストオファーなど他のオプションも提供しているセラーから買いたいと思いませんか?

私だったら価格交渉を受け付けているセラーと取引したいですね!セラーとの交渉力もアップしますし、何より気に入った商品を低い金額で購入することができるのがベストオファーの魅力のひとつだと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

在庫処分をしたい時やバイヤーの購買意欲をぐんと引き上げたい場合は、3日または7日間のオークション形式を、そして、ひとつの商品の在庫が複数ある場合は、GTCで出品してみてはいかがでしょうか?

商品の特性を生かしつつ利益も出す、これがeBayビジネスを成功に導く重要な鍵です。

あなたの商品を一人でも多くのバイヤーに購入してもらえるように出品形式も見直してみてくださいね!

コメントを残す