eBay輸入 個人輸入者の強い味方「MyUS」をうまく活用しよう!

ebay, 発送方法

輸入ビジネスをしていくと『日本へ直送してくれないセラー』に出会うことがあると思います。

そんな時あなたならどうしますか?

日本へ発送しないと言っているのだから諦める方、セラーに直接交渉してみる方が一般的に多いと思います。

欲しい商品を諦めるのは実にもったいないことです!

日本に発送しないセラーから欲しい商品を購入したい場合や国際送料をなるべく安く抑えたい時に便利なサービスがあるのをご存知でしょうか?

それは、

転送会社』

です。

今回は『転送会社』とはどういうものか、輸入ビジネスにおいてどの様に必要になってくるのかを分かりやすく解説させていただきたいと思いますのでぜひ参考にしてください!

転送会社は海外バイヤーの味方!

転送会社とは、

海外に広大な倉庫を保有し、インターネットで購入した商品を購入者の代わりに現地(海外)で受け取り購入者の住所(日本)へ転送してくれる会社のこと。

サイトの言語がすべて英語の海外の会社もあれば、中には日本の企業が日本語のホームページを作ってアメリカなどに倉庫を構えて運営しているところもありますので英語が苦手だと感じる方でも利用できる転送会社がありますので安心してくださいね。

よって、日本と海外、何千キロと離れた土地間で商品の売買をスムーズに行っていくために仲介に入ってサポートしてくれるのが「転送会社」なのです。

どんな時に利用できるの?

前述の通り、eBayには『Ships to United States Only(米国へのみ発送可能)』というセラーが非常にたくさん存在します。

日本へ直送してくれるセラーだけに絞って商品リサーチを進めてもいいのですが、利益の取れる商品を見つけた時に限って、『米国にのみ発送可能なセラー』から購入したいケースが必ず出てきます。

そのような時こそぜひ転送会社をうまく活用してみてください!

セラーは転送会社へ商品を発送し、転送会社が日本に転送する、という流れになります。

また、eBayから商品を購入してアメリカから荷物を直接送ってもらうと、例えば小さくて軽い物でも

1個2,000円以上の国際送料がかかったりします。また、荷物の大きさが少しでも大きくなってくると、例えば1kgを超える様な荷物の場合には、5,000円〜8,000円などの送料がかかることも普通のことです。でも、送料でいちいちそんなに取られていたのでは、利益を増やしていくことは不可能に近いですよね。

この場合もセラーにアメリカ国内にある転送会社の倉庫に荷物を送ってもらい、日本へ転送してもらえば国際配送料を安く抑えることができるので転送会社はとても便利だということが言えます。

転送料金は高くないの?

ここで気になるのは「転送料金」がどれくらいになるか、ということだと思います。

転送料金や手数料はその会社によって様々です。同じ重さでも数千円など金額が変わってくる場合もありますので、サービスを利用する前に『料金シミュレーション』や『転送料金の一例』など金額の参考に出来るページでしっかりと料金を把握することが大切です。

他のセラーが使っているから、他のセラーのおすすめだから大丈夫、などで利用を決めないようにしてくださいね。なぜなら、あなた自身が転送サービスを利用するのですから。ですので、あなたが納得するまで必要な情報を入手し、それを元にアカウントの契約・登録をしましょう。

MyUSとは

MyUSは、米国のフロリダ州サラソタに本社を構える転送会社です。おそらく日本で輸入ビジネスを実践している人達の中で、MyUSを知らない人はいないと思います。それくらい昔から日本人の利用者数が多い転送会社なのです。

MyUSの一番の魅力はその転送料金の安さです!

数ある転送サービスの中でも、MyUSはかなり安いようです。

でも、米国の現地スタッフが検品・梱包を行っているため、アメリカ人のお国柄からかどうかわかりませんが、商品の扱いが雑な場合が多々あるようです。

日本の郵便局や宅配業者は荷物ひとつひとつに愛情を込めて大切に扱ってくれますが、全く同じサービスをMyUSもしてくれるだろう、とは絶対に思わないでくださいね。

他国には他国の常識があることを理解する必要があります。もしかしたら日本人が神経質なだけかもしれませんが。。。

また、アメリカでは『新品』と言っても外箱が無いことは日常茶飯事です。なぜなら、もともとアメリカでは製品本体が正常な場合には、その外箱には特に価値がないと判断するからです。

国によって商品の価値の味方は異なりますね。これも海外物販の醍醐味のひとつだと思いますので、取引をしているセラーとのやりとりも楽しみましょう!

MyUSに転送してもらえない商品はあるの?

MyUSはアメリカ運営の会社であるためアメリカの法律で大丈夫な物はほとんど転送してもらえます。

その一方、日本が運営する転送サービスだと日本の法律に厳しくなりますのでそうはいきません。

また、MyUSがOKを出して転送してもらった商品が税関で止められた際に、MyUS側は何も責任は取ってくれませんので注意が必要です。

『輸入禁止商品についての知識も少しずつでもいいので理解を深めていきましょう。

MyUS登録方法

ブラウザで『MyUS』と検索し、トップページを開きます。

MYUS』のトップページから、右上の『GET STARTED NOWをクリックします。

会員登録の種類は以下の3つです。

BASIC 無料会員 初期費用$10

『BASIC』は無料会員ですが、転送料金の割引がありません。商品の無料保管期間も5日と短く、ビジネスにはかなり不向き。個人輸入を楽しみたい人向けのサービスです。

PREMIUM 月額$7 初期費用$20 オススメ!

『PREMIUM』は月額$7の会員登録ですが転送料金20%オフの割引が受けられます。

また無料保管期間も30日と十分な期間が用意されています。

PREMIUM +MAIL 月額$25 初期費用$35

迷うことなくPREMIUMへの登録を選べば間違い無いです。

30日間無料でMyUSを利用できるトライアルがありますので転送会社がどのような仕組みなのか、サービスに慣れるためにも一度トライアルを使用してみてくださいね。

下の『START FREE TRIALをクリックします。

登録に必要な情報を入力したら「NEXT」をクリックします。

次に必要なのが決済方法の登録です。

クレジットカードの種類ですが、もし最初から持っていれば『AMEXカード』を登録するとよいでしょう。なぜなら、AMEXカードを支払い用カードに登録することで、転送料金30%オフの恩恵を受けることが出来るからです!

また、セキュリティーコードとは、カードの裏面『ご署名』欄の右側に記載されている3ケタの数字です。

AMEXカードの場合は、カード表面右側に4ケタのセキュリティーコードが記載されていますので確認してみてください。

次に請求書用の住所の登録です。

NEXTをクリックします。

すると、最後に登録内容の確認がありますので、入力内容に間違いがないかチェックしてください。

問題が無ければ、『I agree to the Terms and Conditions』にチェックを入れて、『Submit』をクリックすれば登録完了です。

MyUS:商品の保管の仕組み

プレミアム以上の会員に登録していれば、保管期限は商品がMyUSに到着してから30日間保管されます。しかし、それを過ぎると、

「保管箱ひとつに付き1日1ドルずつ」

保管料がかかってきます。

余計なコストを回避するためにも商品の保管期限には注意してくださいね!

出荷依頼のタイミングはいつ?

前述のように無料の保管期限が30日間です。

しかし、そこまで商品を寝かしておいたら、翌月のクレジットカードの支払いに間に合わなくなる可能性が出てきますので、最初の荷物が到着したら10〜15日以内には出荷依頼をかけるようにするとスムーズにいくと思います。

ちなみに、同じ国内への発送なのだから1,2日あればeBayで購入した商品がMyUSに届くだろう、と思いがちですが、余裕を持って1週間は見ておくと良いでしょう。

MyUSのウェブサイトやスマホアプリから商品が揃うタイミングを見計らって、販売期間のことも考えて出荷依頼をかけていくとさらによいですね!

最適な出荷個数ってあるの?

MyUSでは一度に送れる個数に上限があります。上限は24個まで。

それを超えると個人輸入とは認められず日本へ商品を転送してもらえませんので気をつけてください。

しかしMyUSでは、商品の出荷をかける時にどの商品を送るのかチェックを入れて、自由な組み合わせで日本へ転送することができるのでご安心ください。

もっと物量を増やしても大丈夫になれば、上限ギリギリまで商品をストックし、日本へまとめて転送することで、更に1個あたりの国際送料を浮かせることも可能となります。

出荷依頼のサンプル:

月初1〜5日の間にeBayで14品の仕入れをする

最初の荷物がMyUSに5日に到着

同月15日までに14品の商品がMyUSに揃う

商品が揃った翌日の16日に出荷依頼をかける

21日には日本の自宅へ商品が到着!

1日3〜4品ずつ出品
25日までにすべてヤフオク!へ出品完了&販売開始!

このような流れで商品を仕入れることができます。翌月末の支払いに追われて、焦って販売をしてしまうと良い結果が生まれにくいため、出来るだけスピード感のある商品仕入れをするように心がけましょう!

出荷依頼のかけ方

MyUSにログイン後、『MY SUITE』の画面を開いてください。

右側にある『CREATE SHIP REQUEST』をクリックします。

オプションを選択していきます。

下にスクロールして行き、『UPDATE TOTALS』をクリック。

割引やオプションの金額を自動計算した金額が表示されますので、『SHIP NOW』をクリックで出荷依頼が完了です!

1~2日後にMyUSより出荷通知とお問い合わせ番号がメールで送られてきます。あとは4~5日も待っていれば商品の入ったダンボールが自宅まで届きます。

問い合わせ番号で商品の追跡が可能ですので、日本の税関を通過したタイミングでコールセンターに問い合わせるなどして、必要に応じてクレジットカードでの支払いに変更してみてください。また、関税・消費税が合計でいくらかかったのかもコールセンター問い合わせた時のタイミングで確認することができますので、覚えておいてくださいね。

MyUSオプション

発送依頼の画面右にオプションがあります。

発送依頼1

See more』をクリックすると、さらに細かいオプションが出てきます。

Your Credits Discounts

発送依頼2

こちらはクレジットカードの登録による転送料金の割引です。

上記画像は、『AMEXカードメンバーズ』による割引で、送料が30%オフという意味です

Shipping Method

発送依頼3

国際配送業者を選択します。

下のオプションに行くほど料金が上がっていきます。

『DHL Express, 1-4 days』(5日以内に配達されて料金が一番安い)を選択しておけば問題ありません。

Packing Options

発送依頼4

 

梱包に関する細かなオプションを選択することが出来ます。

・Fragile stickers(2ドル)

こわれものシールを張ってくれます。

・Extra padding(5ドル)

梱包材を追加してくれます。

・Discard Shoe Boxes(2ドル)

シューズの靴箱を捨てて梱包量を減らすことが出来るオプションです。

・Special Instructions(8.5ドル)

何か特別な要望があれば使用するオプションです。

・Ship in Original Boxes(無料)

eBayなどから送られてきた箱のまま、梱包されます。商品が破損しにくくなる代わりに、外箱の大きさ・重量が増すため送料が高くなります。

・Max weight per box/Multi-piece shipment(MPS)(5ドル)

ひとつのダンボールに入れる重量を指定できるオプションです。重い商品が多い時などに利用するとよいかもしれません。

Shipping Preferences

発送依頼5

・Insurance(有料)

商品にかける保険です。金額によって高くなっていきます。

・Urgent Handling(5ドル)

24時間以内に迅速に出荷されるオプションです。

・Add pallet for shipment(25ドル)

最近追加された新しいオプションで、出荷用のパレットを追加してくれるという内容ですが、大型商品の輸入にしか使う機会のないオプションです。

Export Documentation

発送依頼6

・Mark for “For Personal Use Only”(無料)

個人使用目的」ということを記述してくれるオプションです。

・Include Printed Proforma Invoice

商品のインボイス(請求書)をプリントして付属してくれます。

一番下はトータルの金額となります。

発送依頼7

高額な商品を転送してもらう場合は保険をかけた方が良い場合もありますので、その時の状況によってオプションは使い分けるようにするといいですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

MyUSを利用すればこれまで入手できなかった商品も購入することが可能になります。また、国際配送料を安くすることも可能になる場合もありますので、eBayやその他オンラインショップ等から仕入れをされている方は転送会社の利用も検討してみてくださいね。

eBay上には日本人が好む商品がたくさんあります。

MyUSなどの転送会社をうまく活用して海外の商品を日本でも広めていけるといいですね!