海外eBayセラーが商品を日本に発送してくれない時の対処方法

ebay, 発送方法

稼げる商品をeBayで見つけたけれど、日本まで発送してくれない!という悲しい経験をしたことはありませんか?

「なぜ彼らは日本に発送しないのか?」

おそらく、

  • 海外発送は面倒!
  • 過去にトラブルがあったからもう日本には発送しない
  • 日本人は細かいところまで要求する

などと多くのセラーは思っているのかもしれませんね。

そこで今回は「日本に送ってくれない商品を日本に送ってもらう方法」をお伝えしたいと思いますので、今後の参考にしてください。

日本へ発送不可の商品を輸入する方法

利益が見込まれそうな商品が出品されているのに手に入れられないなんて、諦めるにも諦めきれませんよね!

そのような商品を日本まで発送してもらうために2つの方法があります。

  1. 販売者(出品者)に、日本まで直送してくれるよう交渉する

  2. 転送会社を利用する

転送会社を利用するには登録など手間がかかりますし、日本に転送してもらえるまで時間もかかりますので、まずは1.に挙げたセラーに日本に発送してもらえるように交渉しましょう!

その結果、セラーの気持ちが変わらず日本に発送してもらえない場合は転送会社を利用する形がベストだと思います。

それでは、それぞれの方法を詳しくみてみましょう。

eBayセラーに日本まで直送してくれるよう交渉する

例えば、上記の出品のShippingの箇所を見てみてください。

日本へ発送しない出品ページには、

May not ship to Japan (日本発送不可)

という表示があります。

その下にcontact seller (セラーに問い合わせる)とありますので、ここをクリックしてメッセージを送ります。

または、ページをスクロールダウンして商品ページの商品説明文の下あたりの『Ask a question』からセラーに質問することも可能です。

Ask questionをクリックすると下記のページに移動します。

Shipping(発送)にチェックを入れます。

よくある質問に

「Do you offer international shipping? This seller doesn’t offer international shipping. (海外発送しますか?このセラーは海外発送はしません)

と記載があるのですが、ここで諦めずに一度セラーに問い合わせましょう。

Contact the sellerをクリックします。

記入例として、

Hello. I am interested in this item. Could you ship it to Japan?
If so, how much the shipping to Japan would be? Thank you.

(こんにちは。あなたの商品に興味があります。この商品を日本まで発送してもらう事は可能ですか?
もし可能な場合、日本までの送料はいくらになりますか?)

と入力してみてください。

その下の入力スペースには、左側の数字の列を入力します。(セキュリティの都合)

最後に、一番下の『Send』ボタンをクリックすれば入力したメッセージがセラーに届きます。

次にあなたがすべきことは「セラーからの返信を待つこと」ですが、以下のケースが考えられます。

・返信なし

・返信はしてくれたけど、日本への発送には応じてくれない

・日本へ発送してくれるけど送料が高すぎて利益が出なくなる

この時点で日本への発送リクエストの交渉が成立しない場合は、これ以上交渉する必要はありません。

セラーに交渉した結果、日本までの発送がOKで、送料もあなたの予算内だった場合は以下のような手順を進めてください。

日本への発送をセラーが快諾してくれたケース

セラーが商品を日本に送ってもOK!と言ってくれたら早速該当商品ページで購入に進みましょう!

  1. 商品ページから通常通り「Buy It Now」ボタンをクリックして支払い手続きに進む
  2. 支払い手続きに進む
  3. 「requesting total」をクリック
  4. 「Submit request」ボタンをクリックする。

このようにするだけで、セラーは日本までの送料を含めた合計金額に訂正してくれます。セラー側による金額の訂正が終わったら、いつものように支払いを済ませてください。

転送会社を利用する

転送会社というのは「転送サービス」とも呼ばれています。

その文字通り、海外の商品を日本まで転送(発送)してくれる会社の事です。例えば、eBayで日本直送不可の商品を輸入しようとした場合、転送会社を利用する事で、

eBayセラー

転送会社

あなた

という流れで商品を受け取る事が可能になります。

転送会社と聞くと個人輸入者は使えないのでは?と思う方もいらっしゃると思いますが、そのほとんどが「個人輸入向け」のサービスになっていますので、1商品からでも気軽に利用できるところばかりなので心配はいりません。

この転送サービスを提供している転送会社は世界各国に存在します。

基本的な利用方法はその商品の発送元の国にある転送会社を利用するということ。

つまり、今回の商品の場合、商品の発送元がアメリカになっています。このような場合は「アメリカの転送会社」を利用するという意味です。

ちなみに、eBay輸入をするのであれば、ほとんどの出品地域がアメリカであるため、必然的にアメリカの転送会社を使う事になると思います。

アメリカの転送会社(転送サービス)として、輸入転売プレイヤーに人気があるのは

MyUS

ですね。

転送会社の利用登録をすると「その国の住所」があなたに付与される事になります。今回はMyUSの登録方法は省略しますが、今後機会があれば紹介させていただきたいと思います。

なお、MyUSは長年の実績があるので安心して利用できるはずですが、荷物の紛失や破損などトラブルもあるようです。全てのやりとりが「英語」になりますが、生きた英語を学ぶよいチャンスだと思って疑問に思うことがあればどんどん問い合わせましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

日本に発送してくれない商品を日本に送ってもらうためには上記2つの方法があることを覚えておきましょう。

セラーに問い合わせて日本への発送をOKにしてもらえたらラッキーですね。また、交渉に失敗したとしても転送業者の利用という選択肢があるのは私たち海外バイヤーにとって強い味方ですよね。

ビジネスの成功のきっかけとなることを願います!

コメントを残す