これがeBayがAmazonより優れている7つのポイント!

Amazon, ebay

eBayに出品すべきか、それとも今勢いのあるAmazonに出品すべきか、海外物販ビジネスに参入しようとしている方は一度は頭を悩ましたことがあると思います。

はっきり言ってどちらの方が優れている!ということは言えませんが、項目ごとに分けた場合、どちらかの方が優れている、もしくは両方とも優れている、と言えることができるようです。

今回はeBayがAmazonより優れている点についてご紹介させていただきたいと思いますので、どちらのプラットフォームから海外物販をスタートさせるべきかお悩みの方はぜひ参考にしてくださいね。

eBayとAmazonの大きな違いとは

プライム会員になると注文後2日以内に発送してくれるAmazon特有のサービスはeBayにはないため、ユーザーの信頼も厚いAmazonはeBay利用者よりも多いのではないか、と思う方もいらっしゃると思いますが、今回はeBayとAmazonの違いを徹底的にみていきましょう!

新品から中古まで豊富な品揃え!

この品揃えの豊富さは天下一品!Amazonは新品の商品品揃えは素晴らしいですが、eBayにはこれに加えて中古商品、ビンテージ商品といった商品まで揃っています。

その量はなんとヤフオクの30倍とも言われています。日本ではヤフオクがNo.1の品揃えを誇っていますがeBayはその比ではありません。

特にアンティークやビンテージなど今ではもう手に入らない商品の品揃えが豊富です。これはAmazonやタオバオにはないeBayの特徴です。

オークションを使った転売で最も儲かる商品はもう手に入らない系の商品をeBayで入手することができるのです!

自動メール配信「Save Search」

eBayには「Save Search:セーブサーチ」という機能があります。

この機能は、商品名などのキーワードをあらかじめ登録しておくと、そのキーワードがタイトルに入った商品が出品されると自動でメールが届く仕組みです。

儲かる商品のリサーチを沢山しておき、そのキーワードをセーブサーチに登録しておくと寝ていても儲かる商品が見つかる、というわけです!とても便利なeBay機能のひとつですので覚えておきましょう。

セーブサーチはeBayの検索窓に何かしらのキーワードを入れて検索すると検索窓の横に現れます。

とても楽な決済方法「PayPal」

eBayはPayPalという決済システムと統合されているのでPayPalにクレジットカードを登録しておけば日本円しか持っていなくてもPaypalがその国の通貨に変換して支払ってくれます。

海外のネットショップだとPayPalに対応していないショップもありますよね。せっかく欲しい商品があっても仕入れが出来ない事も多々あるのは残念なことですが、eBayとPayPalが連携しているため、ほかでは買えない商品をeBayで購入できるのはとてもありがたいことですね!

オークションで安く落札できるチャンスがある!

安く輸入するならやはりオークション形式の出品商品を購入するのがベストですね!

Amazonやタオバオはオークション形式でなく定価で購入する形式です。

eBayは少しでも安く買おうとしている人達が集まっていおるので相場を大きく超えて値段が付く事はほぼありません。輸入するならはやり1円でも安く輸入したいと誰しもが考えているはずです。

定価でも買える!

オークション形式とは別に定価で売られている商品もあります。1円でも安く輸入したいならじっくりとオークション形式で購入するのがおすすめですが、今すぐにでも購入したいならバイイットナウ形式で購入するのがよいでしょう。

セラーと値引き交渉ができる!

値引き交渉は他のどの海外のネットショップやAmazon、タオバオにも無い機能ですので覚えておくとよいでしょう!

eBayには定価で売られている物で値下げ交渉(make offer)が付いている出品もあります。

どのようにして値引き交渉をするのか?

やり方はとてもシンプルです。

例えば欲しい商品があるとします。そして、その商品を販売している複数の出品者がいたとします。それぞれの出品者が値下げ交渉を付けて出品していたら片っ端から値下げ交渉をしてみてください!

思っていた以上に安く商品を輸入することができる場合もありますよ。

バイヤーのメールアドレスが取得でき、次回以降直接取引が可能!

一度取引したバイヤーのメールアドレスを入手できるので、2回目以降直取引ができるようになります! Amazonではメールアドレスは入手できません。

基本的にeBayの決済はPayPalで行うのですが、PayPalでは通常のメールでやりとりをしているので、一度取引した相手のメールアドレスがPayPalに100%残るのです。

つまり、2度目以降の取引はeBayを介さず、直接取引することが可能になる、ということ。 これは今後のビジネスに対してとても大きなメリットですよね。顧客の囲い込みができますね。これをうまく活用しないのはもったいないことです。

直接取引をする際も、PayPalは引き続き利用しますが、セラーにとって頭を悩ますeBayの手数料を支払う必要がありません。eBayの手数料分を割引してあげればバイヤーも喜んであなたからまた商品を購入することでしょう。

特に相手が個人ではなく、業者の場合は、リピート顧客になる可能性も高くなるという嬉しい特典つきです! プラットフォームに依存しない自分の顧客を獲得することができるeBayを最大限に使いたいものですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

eBayとAmazon。

今回はeBayがAmazonより優れている点についてご紹介しました。どちらの方がより優れているのかは一概には言えませんが、上記に挙げたeBayにはあってAmazonにはない機能や特徴も考慮しながら、それぞれを使い分けるのも一つの手かもしれません。

eBayでもAmazonでも試行錯誤しながら海外物販ビジネスを成功させましょう!