輸出初心者が始めるならeBay?それともAmazon?

Amazon, ebay

海外物販に興味がある!

でも、eBayから始めた方がいいの?それともAmazonから始めるべき?

とお悩みの方は多いと思います。

実は「輸出」といえば、今まではeBay輸出を意味していました。なぜなら、以前は海外のAmazonで出品ができるということ自体があまり知られていなかったからです。よって、「Amazon輸出」というのが話題に上がり始めたのはつい最近のことなのです。

今回は海外輸出をスタートさせたいと検討されている方のために、eBayとAmazonを徹底的に比較させていただきます!

eBayまたはAmazon、もしくは両方のプラットフォームで海外物販を始めたいという方はぜひ参考にしてくださいね。

eBayとAmazonのビジネスの特徴を知ろう!

eBayもしくはAmazonで海外物販をする際にそれぞれのビジネスの特徴を知ることは非常に大切なことです。

それぞれの異なるビジネスの特徴を詳しく見てみましょう!

Amazon輸出ビジネスの特徴


・初心者でも売りやすい
・無在庫販売が可能
・出品がとても簡単
・価格競争になりやすい
・中古市場や中国製品市場穴場となっている


ebay輸出ビジネスの特徴

・最初から売れにくい(初心者の場合)
・無在庫も可能
・出品に多少手間がかかる
・中古商品の販売に向いている
・顧客を作りやすい
・長く稼ぎやすい

 

つまり、

Amazon輸出は初心者でも非常に売りやすく、さらに大きな売上を上げることは可能だが、顧客は作りにくい。

ebayは初心者は最初から売上げを作っていくのは大変だが、顧客は作りやすいため、長期的に安定した売上と利益を上げることが出来る。

ということが言えますね。

どちらも無在庫で商品を販売することができますので、資金が無くてもビジネスが始められます。

顧客を持てば、自分でショップを持っても単純に最初から売上を出すことができます。あなたの売上をアップさせるためには顧客が重要な鍵となるわけです。

また、プライム会員のみ利用できる「送料無料+2日以内の発送」はAmazonが劇的に伸びている最大の理由です。

そこで忘れてはならないのがAmazon最大の強みである「FBA販売」です!

フルフィルメント by Amazon (FBA) とは、Amazonが出品者に代わって注文を受け、商品を出荷するプログラムです。 出品者は商品をAmazonフルフィルメントセンターに納品し、納品された商品をAmazon 配送センターにて保管し、カスタマーからの注文に応じて出荷します。

つまり、セラーがFBAに売りたい商品を納品すると商品の梱包・発送までの全作業をAmazonがやってくれる画期的なサービスなのです。

よって、セラーがしなくてはならないことは出品と商品をAmazonの倉庫に発送するだけ。

とても便利ですよね!

これはAmazon特有のサービスであるため、残念ながらeBayにはこのようなサービスはありません。

できるだけ作業負担を軽減してリサーチに時間を費やしたい!と考えている方にAmazon輸出は人気があるようです。

Amazon輸出がなぜ初心者でも売れやすいの?

世界中にいる多くの方は一度は必ず耳にしたことがある「Amazon」。

食料品から電化製品、化粧品、ベビーグッズなどなど実店舗に行かなくても必要なものをすべて揃えることができる、そんなプラットフォームです。

Amazonが私たちが思っている以上に集客力を持っていることをご存知でしょうか?

ネット上にお店を出して自分で集客をしなくても、Amazonがあなたのためにお客様を集めてくれるため、Amazon輸出は初心者にとって参入しやすいとされています。

無在庫で販売することで売上を出し、後ほどeBay輸出に参入するという方も中にはいらっしゃるようです。

また、Amazon.comでは登録したその日から無制限で出品することができます!

eBayでは出品する際に1品1品画像を用意して出品説明文も作成する必要があるのですが、Amazon.comではASINさえあれば簡単に大量に出品することが可能です。

 

eBayは初心者に厳しいというのは本当?

「バイヤーが安心して購入できる環境作り」というeBayのスローガンにあるように、eBayは初心者に対してかなり厳しい出品制限を要求していますね!

最初は月に10品または合計500ドル以内の出品という制限からスタートです。

10品500ドルだと、それだけで利益を出して生活していくことは不可能です。その制限をクリアして、出品数を増やしていく交渉をしていく必要があります。これをリミットアップ交渉といいます。

eBayに電話して、「英語で」交渉する必要があります(代行サービスもあるので、英語が苦手でも大丈夫です!)

英語でのリミットアップ交渉はあなたの英語レベルを上げるだけではなく、リミットの制限が上がるごとに出品できる枠も増えるため、もっと売れる商品を販売したい!という気持ちにもさせてくれます。

eBayは初心者には厳しいのですが、取引実績を積んでいき、フィードバックもある程度集まれば「トップレーティッドセラー」という称号を与えてくれます!このバッジがあるかないかだけでも顧客の購買意欲はかなり左右されますので、eBay初心者の方はまずはフィードバック100を目指してどんどんリミットアップ交渉をして出品数を増やしていきましょう。

AmazonヨーロッパはAmazonアメリカと同じ?

「Amazon輸出」はアメリカだけではなく「Amazonヨーロッパ」も含まれています。

日本の銀行口座では登録はできませんが、アメリカの銀行口座があればAmazonヨーロッパにも登録することができます。つまり、ペイオニアでアメリカの法人口座をレンタル、もしくはアメリカで法人口座を設立してアメリカの法人口座をもっていれば、Amazonヨーロッパにも同様に出品できる、ということですね。

「Amazonヨーロッパ」は

ドイツ
イギリス
フランス
スペイン
イタリア

を指します。

しかし、スペイン・イタリアの2カ国はAmazonの受取銀行口座として、アメリカの銀行口座を指定することができません(ヨーロッパの銀行口座が必要?)。

ヨーロッパ輸出で主要な国はドイツ・フランス・イギリスの3ヵ国ですので、これらの国のAmazonに出品できればあまり問題はないと思います。

アメリカの銀行口座があればAmazonカナダにも出品できる?

答えはイエス!

アメリカの銀行口座を持っていればヨーロッパ以外にもカナダにも出品できます。

一度ASINを自分で用意し、出品価格も調整すれば、世界各国のAmazonで大量の商品を出品することが可能になりますよ!

これがAmazon輸出の最大の魅力だと言えます。

Amazon輸出:価格競争はあるの?

Amazonセラーが大量のASINを無在庫で出品したら、当然「価格競争」になります。

価格競争下で勝っていくには何が必要なのでしょうか?

  1. 価格競争とは別の次元の戦いをする
  2. 価格競争の中で打ち勝っていく術を身につける

この2点がとても重要となります。

そこで便利なのが、価格を調整してくれるツールです。

価格競争の中で打ち勝つためには価格の調整は大前提です。少数の商品なら問題ありませんが、大量の商品の価格を調整するには、ひとつひとつ手作業することは無理な話です。

Amazonで大量に無在庫出品をしようと検討している方は将来的に何かしらのツールを持つ必要があることを覚えておきましょう。

Amazon輸出で便利なツールに関しては別の記事で紹介させていただきます。

初心者でも売上を出すことはできるの?

初心者でもできることが2つあります。

  1. コストダウン=利益を増やす
  2. 仕入れを安くする

 

コストダウンとは、商品の購入時や発送時などにかかる多種多様なコストをカットして、その分利益を残す手段です。できるだけ安い仕入先を見つけたり、商品発送時の梱包を丁寧かつ簡易にすることでコストカットすることができます。

ほとんどの初心者Amazonセラーは最初から多くの取引をすることはありませんので、まずは仕入れ面であなたができることを徹底的に試してみましょう。

eBayでは顧客とのやりとりも楽しめる!

eBayで商品を販売しているとバイヤーから商品や発送に関する質問などがメッセージで届くことが多いです。

Amazonではあまり顧客とのやりとりはありませんが、eBayでは商品発送後にセラーが追跡番号や予定配達日などに関してメッセージを送るセラーが多いですよね。バイヤーとコミュニケーションをこまめに取ることによって、海外からの購入を不安に思うバイヤーの気持ちを落ち着かせることもできます。

質問への回答やメッセージへの返答が早ければ早いほど、そのバイヤーはあなたの常連客になる可能性が高くなります。俗にいうリピーターさんですね。

今後もいろいろな商品を出品しますよ、何か欲しい日本の商品があれば言ってね、などのカジュアルメッセージを送るのも効果大です!

eBay・Amazonで最も大切なことは「リサーチ」!

eBay輸出もAmazon輸出も「リサーチ」は大切です。

リサーチなしでは海外物販は成功しないと言っても過言ではありません。自分が好きな商品、これは売れる!など独自の判断で商品を販売するのはリスクが高すぎます。

ですので、どのような商品が売れているのか、どのようなバイヤーがどんな商品を求めているのか、どこの国のバイヤーがどんな商品カテゴリーを探しているのか、など商品を出品する前に必ずリサーチをしてください!

本業があるからリサーチの時間がない、という方は外注さんを雇ってみてはいかがでしょうか。あなたの代わりに売れる商品をリサーチしてもらうことが可能です。

また、輸出関連すべてを自分一人で行っている方は、発送代行を利用したり、商品の検品は家族の方にお願いしてみたり、周りの方にも協力してもらうのもよいかもしれませんね。そうすればリサーチの時間を持つことができ、売上もアップします!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

eBay輸出とAmazon輸出のどちらからスタートさせればいいのか?

その答えはあなた自身で見つけなくてはなりません。どちらのプラットフォームもデメリットはありますが、それを上回る魅力があるため多くの日本人セラーが存在するわけです。

今回ご紹介させていただいたeBayとAmazonの基本情報を参考にしていただけると幸いです。

目指せ、COOL JAPAN!

一人でも多くの海外バイヤーに海外物販を通して日本の商品だけではなく文化や風習なども紹介していけるといいですね!