日本人セラーでもUPSを使って返送ラベルを発行でき返品詐欺を回避できた!

eBay(メルマガ), サッツメルマガ

おはようございます! SAATSの林です^^

最近多くの会員様がいろんなトラブルの
状況をシェアしてくれますので助かります。

私のメルマガを通して、こんな経験をした
というようなことをシェアしてくださいという
場合はぜひご連絡くださいね^^

さて、今日情報をシェアしていただいたのは
京都の会員様である藤原様の体験です。

経験豊富な藤原様は今回のピンチを見事
乗り切りました。

評価0のBuyerに$500する時計を販売したのですが、
下記の理由でreturn requestがきました。

Reason for return: Doesn’t match description or photos

Comments:

I would like to return the watch since I cant read it
and I cant also change the temperature from
celsius to Fahrenheit.

返品理由: 商品が説明文もしくは画像と合致しない

コメント:

時計の文字が(日本語で)読めないし、温度も
摂氏から華氏に変更できないため。

その後、藤原様はreturnをacceptしましたが、
1日経過した後、Buyerは新たにcaseを上げてきました。

理由は、Retrun Shipping Costを支払えということです。

この時点でThis return was closed
となり新規のCaseで5日間の資金保留となり
ebayの裁定を受けることになります。

ここで藤原様はPayPalにてバイヤーに対して
Return Shipping Costを支払おうとしましたが、
先日の私のメルマガでご紹介したケースと全く
同じで、バイヤーのPayPalアカウントがゲストアカウント
であったため、バイヤーに対してPayPalで送金が
できない事態に陥ります。

バイヤーはUSセラー以外はReturn labelを発行
できないため、PayPalから返送料金を返金する
必要があることを知っています。

Buyerは日本のセラーがRetrun Shipping Cost
を支払えないようにわざとゲストアカウントで
購入していると感じました。

どうにかしてReturn Shipping Costを払うか、
Return LabelをBuyerに提示しなければなりません。

Return Shipping CostはBuyerがPayPalアカウント
を作ってくれないかぎり支払うことが不可能です。

再三藤原様はBuyerにはメッセージをし、
Returnを受け入れるから対応してくれと連絡していますが、
案の定返事は一切きません。

本当にバイヤーが商品を返品して返金を受けたいならば、
普通は返信がきますよね。来ないところをみると、
商品は返品したくなく、更にeBayのシステムの穴を
狙い、代金をだまし取ってやろうという返品詐欺だと
藤原様は確信しました。

Retrun Shipping Costをpaypalで払えないことが確定したので、
どうにかして、Retuen Labelを発行しなければなりません。

日本人セラーはRetuen Labelを発行できません。
USセラーのみUSPSを利用してRetuen Labelを発行できます。

しかし藤原様はある方法を使ってReturn Label
をバイヤーに提供することができました。

それは藤原様はUPSの輸出入のアカウントを持っています。
そして、UPSの担当者に電話して聞くと返送ラベルの
発行が可能とのこと。

電話でレクチャーを受け、発行し、
すぐさまBuyerにメッセージとebayのサポートにも提出。

Return Labelを発行することに成功しました。

藤原様と同じことをするためにはUPSの輸出入
アカウントを持っていることが必須となります。

こうなってしまうとバイヤーは商品を返送しなければ
なりません。なぜなら返品リクエストを開き、セラーが
プリペイドの発送ラベルを提供した場合、バイヤーは
5営業日以内に商品を返送しなければセラーの勝ちで
ケースがクローズさせられるので、バイヤーはそのまま
$500を支払わなければなりません。

商品もちゃんと返送されて発送した同じ商品
であることを確認出来ました。

事前にBuyerに電話し、でないので留守番電話に、
ちゃんと商品を返送するようにということを伝えました。

今回はあらゆる手を使って、防御線張りましたが、
それが良かったのかもしれません。

ただ今回のUPSreturnの送料17,000円(関税込)でした。
サイズ60cm 重さ300gです。

なのでわずか300gでかなり返送料金として高額になります
ので毎回このやり方で対応していくのはセラーと
してきついですね。

ただ、やらないとケースで負けて大損害を
被るため、特に高額商品を販売される方は
保険と考えて持っておくほうが良いですね。

商品がちゃんと返ってきたので、バイヤーに
返金をして解決しました。

要かと思いましたが、返金できました。
意味わからないですねw

ただ、日本人でもReturn labelが
発行できるということは大きく、Returnの問題
の一つの助けになればいいのではと思います。

藤原様は今回の17,000円ほどの赤字で済みましたが
返品詐欺にあい、商品を完全に取られ、完全返金と
なるところを考えると、助かりましたと言っていました。

こういった返品詐欺を完全に撲滅するには、
eBayやAmazonのマーケットプレイスとしての
詐欺ができないようなより明確なリターンプロセス
になるようシステム的に改善してもらえることですが、
あまり期待できないので、セラーとして少しでも
詐欺に合わないように日々予防線を張っていく必要が
ありますね。

藤原様、体験談のシェア、ありがとうございました!

それでは今日も良い1日をお過ごしくださいね^^

━SAATS NEWS━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

eBay,1日限定20%オフセール
http://saats.jp/jpn/ebay-oneday-sale/

医療機関までの配車Uber Health発表
http://saats.jp/jpn/uber-health/

低所得者のPrimeプログラムの割引拡大
http://saats.jp/jpn/prime-for-low-incomers/

Amazon, 2時間配送地域追加!
http://saats.jp/jpn/amazon-expand-two-hour-delivery/

Amazon,預金口座サービス検討中
http://saats.jp/jpn/amazon-bank/

━SAATS NEWS 本日のピックアップ━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ミゾーリ州初のフィルメントセンター】

Amazonは、ミズーリ州にある最初の
フルフィルメントセンターを建設すると発表した。

800,000平方フィートのフルフィルメントセンターは、
書籍、電子機器、おもちゃなどの小物をピックし、梱包し、輸送する。

Amazonは現在、数百人の従業員を雇用している同州の
ヘーゼルウッドにソートセンターを運営している。
セントピーターズの新しいフルフィルメントセンターで働くために、
1,500人以上のフルタイムの従業員を雇用する予定となっている。

Amazonは新しいセンターの最先端技術を使って、
「Amazon Roboticsのような革新的技術」を特集すると語った。

━━eBay 取引例文━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本語】

すみません。
商品を探すことは出来ませんでした。
またこれ以上のお値引は出来ません。
それからブラジルへの発送は大幅に遅延して発送してから
到着までに2ヶ月以上かかりますのでよろしくお願いいたします。

————————————————-

【英 語】

I am sorry.
I wasn’t able to find an item for you.
Also, I cannot give you any further discount.
Please understand that it may take more than 2 months
for delivery from Japan to Brazil due to the huge delay.

━━Terapeakコーナー━━━━━━━━━━━━━━━

オフィシャルブログ: http://ameblo.jp/terapeak/

海外で商品を販売するには、Terapeakの提供する
商品データは非常に重要だと言えます。

世界最大オークションマーケットプレイス、eBayの
唯一の市場分析ツール、Terapeakはあなたの
eBay, Amazon販売へのナビゲーションの役割を果たし、
どんな商品がいくらで、どのくらいの市場規模でとりひき
されているのかがひと目でわかります。

あなたは市場の大きさを知らずにビジネスを展開できますか?

データに基づいて確実にビジネス戦略を
立てて頑張っていきましょう!

http://goo.gl/35KjEU

━━編集後記━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今日はアメリカ人で過去2回東京で
私の物件に泊まってくれたゲストと
3度目の再会をします。

毎年日本に来ているリピーターさん。
相当日本好きなんだな。。。

Open modal