GoogleとWalmart Amazon対抗で業務提携!

EC全般(メルマガ), サッツメルマガ

おはようございます! SAATSの林です^^

7月にAmazonがアメリカのWhole Foods
を買収したことは全米でも大きな話題に
なりました。

私もアメリカ滞在時でも私の妻の両親や
親戚といった一般人の中でもAmazon
がWhole foodsを買収して今後Walmart(ウォールマート)
の本業である食品ビジネスの独占市場の勢力図
が変わるのではないかと言うことに関して
興味を持って話していました。

そんな中先日、GoogleとWalmartがAmazon
に対抗するために業務提携することを発表
しました。

すごいですね。

全米小売店の覇者であるWalmartと
ネット企業の覇者であるGoogleが手を組む。

それだけ今のAmazonに対してWalmartやGoogle
が驚異を感じている証拠ですね。

さて、肝心な業務提携の内容ですが、
9月下旬よりWalmartの商品数十万点を
Google Expressのアプリとウェブサイトで販売し、
Google Homeの音声ショッピングでも提供すると
発表しました。

加えて、Google Expressは95ドルの年会費を廃止し、
代わりに顧客は各店舗が定めた最低購入金額に
達すれば無料配送を利用できるようになるようです。

今AmazonにとってもWalmartにとってもとても
重要な局面を迎えています。

Slice Intelligenceによれば、eコマースはAmazonによる
独占状態が続いており、オンライン市場の売上のうち、
およそ43%をAmazonが占めているとしています。

理由の一部は非常に人気の高いAmazon Prime
メンバーシッププログラムです。

ネット小売ではAmazonに対して大きく劣勢を
強いられているWalmartは今回AmazonがWhole Foodsを
買収したことにより、本業の土俵にもAmazonが本格参入
してくることでかなり驚異に感じていることは間違いないでしょう。

一方、Amazonが品ぞろえを拡大し、非常に多くの
商品を扱っているために、実質的にはショッピングの
検索エンジンになっている状況は、Googleにとっても脅威なのです。

さらに、AmazonはGoogleにとっての本業とも言える
オンライン広告ビジネスでも事業を拡大してきています。

Amazonに対抗するために、今回ネットの覇者と小売の覇者が
自社の威信をかけて業務提携しますが、Amazonの完璧な
サプライチェーンにどこまで対抗できるかに注目が
集まります。

Amazon強しですね。

それでは今日も良い1日をお過ごしくださいね^^

━━ワールドeコマースニュース━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

GoogleとWalmart商品提供へ
http://saats.jp/jpn/google-and-walmart-partnership/

Kroger, オンライン食品配送開始!
http://saats.jp/jpn/kroger-online-food-delivery/

Airbnb, 無料宿泊サービス提供!
http://saats.jp/jpn/airbnb-free-lising-stay/

Alibaba、生鮮食品で一歩リードか?
http://saats.jp/jpn/alibaba-food-business/

Facebook, Ai startup Ozloを買収!
http://saats.jp/jpn/facebook-ai-startup-ozlo-acquired/

━━本日のピックアップのeコマースニュース━━━━━━━━━━━━━━━━━

【Walmart, 配送プログラム拡大!】

WalmartはUberと提携して食料品配送プログラムを
拡大しようとしている。Uberを使った配送は現在4都市
(ダラス、オーランド、タンパ、フェニクス)で利用可能である。

Walmartが最初にUberと提携したのは、パイロットプログラムを
開始した1年前で、その当時はLyftとDelivもこれに加わっていた。

Walmartはその後、店員が仕事帰りにオンライン注文商品を
宅配する継続中のパイロットプログラムなど、
他のラストマイル配送オプション実験をしている。

「長い間、様々な宅配方法を米国中の主要地域で試している。
一部の地域では、店員による雑貨の宅配を試行している。
Walmartのトラックとドライバーによる食料品宅配を
試行している地域もある。人々が自分の時間をこれまで
よりも少し確保しつつ、新鮮で品質の高い食料品を
手に入れるための方法を見つけるために真剣に取り組んでいる」
とWalmartのeコマース担当バイスプレジデントを務める
Mike Turner氏はブログに記している。

eコマース大手Amazonとの競争のため、究極的には、
Walmartが目指すのは、配送コストの削減、効率化、
配送時間の短縮の方法だ。Walmartは、同社の大規模
な実店舗基盤(米国の人口75%がWalmartの店舗から5マイル、
約8km以内に住んでいる)を有効活用して、コストを削減し、
他社よりも先にオンライン食料品宅配サービスを拡大する方法を考え出した。

━━eBay 取引例文━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日本語】

お問い合わせありがとうございます。
複数購入の場合、1商品毎にusd1値引きさせて頂いています。
どの商品か解れば正確にお伝えできます。
よろしくお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ↓

【英 語】

Thank you for contacting me.
If you purchase multiple items,
I can give you a usd1 discount per items.
I can give you exact amount if you let me know
which items you would like to get.

Thank you.

━━Terapeakコーナー━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

オフィシャルブログ: https://www.terapeak.jp/blog/

海外で商品を販売するには、Terapeakの提供する
商品データは非常に重要だと言えます。

世界最大オークションマーケットプレイス、eBayの
唯一の市場分析ツール、Terapeakはあなたの
eBay, Amazon販売へのナビゲーションの役割を果たし、
どんな商品がいくらで、どのくらいの市場規模でとりひき
されているのかがひと目でわかります。

あなたは市場の大きさを知らずにビジネスを展開できますか?

データに基づいて確実にビジネス戦略を
立てて頑張っていきましょう!

http://goo.gl/35KjEU

━━編集後記━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.今日から9月ですね!

2017年ももう残り4ヶ月となりました。

今から温度もだんだんと快適になり、
色々と集中できる時期となりますので
仕事を頑張っていきたいと思います!