eBay輸入・高い送料をギリギリまで安くするコツ

ebay, 発送方法

eBayだけではなく外国のAmazonやオンラインショップから買い物するときのネックは「国際配送料」です!

特ににドル高のときは送料がかなりの負担になりますよね。商品代金だけを見て「安い!」と思って商品を仕入れて、日本で転売したら赤字になってしまった!ということも。

eBay輸入をする際にできるだけ送料を安くするためのコツがあるのをご存知でしょうか?

今回は多くの日本人eBayセラーを悩ます国際配送料を安くするコツをいくつか紹介させていただきたいと思います。今後の仕入れのためにもぜひ参考にしてください!

まとめ買いで送料を節約!

eBayで商品を購入する際は基本的に「まとめ買い」をするようにしましょう! 複数の商品をまとめて購入し、同梱発送(combine shipping)してもらうと、1個当たりの送料が何分の1かに安くなるからです。

同じセラーから1点買いするのは、よっぽど欲しい商品でないとまずしない方が良い場合もありますので購入前にしっかりと検討しましょう。

まとめ買いの仕方

1.入札したら、必ず”See other items”(セラーの他の出品物を見る)で、まとめ買いできる商品がないかどうかチェックします。

2.落札後、支払いの前にもう一度確認します(新規商品が追加されている可能性もあります)。

落札後は、落札メール(YOU WON:◯◯)の中の[View Item](品物を見る)を押して、”Seller’s other items” から見ることができますのでチェックしてみてください。

まとめ買いをする際に注意すべき2つのポイント

1.同梱発送を必ず確認すること!

たまに同梱発送をオファーしていないセラーがいますので、まとめ買いをする前に必ず確認してください。また、「まとめ買いなら当然同梱発送するだろう」という考えは、海外では通用しませんので気をつけてください。

商品説明に”We combine shipping.”と書いてあれば大丈夫ですが、combine shippingに関する記載がない時はセラーに直接質問して確認を取ってください。

サンプル英文メッセージ:

‘Hi. I am interested in getting your items. Will you combine shipping if I purchase 3 items from you?’

(あなたの商品を購入したいのですが、3つの商品を購入したら同梱発送しますか?)

‘Hi. Are you offering combine shipping?’

(同梱発送しますか?)

ここで1点注意しなくてはならないことがあります。

アメリカ国内にある複数の倉庫に商品が保管されている場合、セラーは同梱発送をオファーしていない場合もあります。

少しでも疑問がある場合は購入前に必ずセラーと確認しましょう!

2.支払い猶予をセラーにリクエストしよう!

基本的にeBayで商品を「落札したらすぐに」支払わなければなりません。しかし、まとめ買いのときは支払いを猶予してもらわないといけません。

同一セラーの別の品に入札しているからといって、気付いて待ってくれるとは限りませんし、日本でならそのような気配りをしてくれる場合があると思いますが、海外セラーには期待しないでくださいね!相手にきちんと意思表示する姿勢も海外物販ビジネスの運営と同時に養うことができますのでぜひ意識してみてください。

セラーに支払い猶予をリクエストする際は以下の点を簡潔に伝えるとよいでしょう。

1.別の品にも入札しています。
2.全ての買い物が終わってから、商品を同梱発送してください。
3.支払いはその時にします。

サンプル英文メッセージ:

“Hello, I am bidding on the other items of yours.
Please combine shipping all the items I won when my shopping is done.
I will pay then.
Thank you for your time and business in advance.”

買えば買うほど1個当たりの送料は安くなります。

しかし、買い過ぎで不良在庫とならないように仕入れの際は注意してくださいね。

転送会社をうまく活用して送料を節約することもできる!

送料が安くなると思い商品を複数買ったけれど思っていた金額まで送料が下がらなかったり、まとめ買いの支払い猶予のリクエストに対応してくれないセラーもいる場合がありますので、あなたの思い通りに事が進まないこともあります。

そこで、送料を節約する別の方法として「転送サービス」の利用があります。

たとえば、

*アメリカ国内は送料無料(USPS)
*日本までの送料は10000円

といったような商品をあなたが購入したいと仮定します。

この場合、転送会社まで送料を無料にして、アメリカ国内にある転送サービス(MyUSなど)を利用すると日本までの海外配送料をさらに節約することができる場合があります。

転送会社によって送料設定は異なりますが、転送会社を利用することでアメリカ国内にしか発送してくれないセラーから欲しい商品を問題なく購入することも可能となりますので、eBayから商品を仕入れている方は転送会社もうまく活用するとよいでしょう。

MyUSのアカウントを開設する際に登録するクレジットカードの種類によっては転送料金の割引が適用されるものもありますのでぜひ利用してみてくださいね。

MyUS公式ページはこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか?

eBay輸入をメインに転売商品を仕入れている方は必要以上の送料を支払わないように注意することも大切です。

欲しい商品が見つかったけれど送料が高すぎる!
まとめ買いしたのに送料があまり安くならなかった!
まとめ買いをしたいけれどセラーが支払いを待ってくれない!
欲しい商品はアメリカ国内のみの発送しか対応していない!

などの状況に遭遇した場合は転送会社の利用も検討してみてください。

自分にあった送料の節約方法が見つかるといいですね!