eBay輸出 こんなバイヤーには気をつけて!eBay詐欺に遭わないためのコツ

ebay, 注意点

「eBay詐欺」という言葉を聞いたことはありますか?

基本eBayには誠実なバイヤーやセラーが多く存在しますが、中には詐欺を行う悪質なバイヤーもいるのが現状です。

では、どうやって詐欺バイヤーを見分ければいいのでしょうか?

今回はeBay詐欺に遭わないためのコツをいくつかご紹介させていただきたいと思いますので、今後の参考にしてください!

eBay詐欺に遭わないために何ができるの?

詐欺に遭いたいと思うセラーはいませんよね!

しかし、巧妙な手口で迫ってくる悪質バイヤーが存在するのは事実。

そこで、セラーであるあなたが何をチェックすべきか、ご紹介させていただきますね!

相手のfeedback(評価)

まず、feedbackでは「フィードバック数」と「ネガティブフィードバック(悪い評価)の有無」を確認しますよね。

・悪い評価があった場合はコメント内容も確認しましょう。
ネガティブフィードバックの中には、「言われなきネガティブfeedback」を付けられた気の毒な人もいます。

・被害を事前に回避するために、他人へ変な評価(難癖)を付けていないかも確認してください。

相手のアカウント取得日(いつからeBayを利用開始している?)

相手のアカウント取得日(いつからeBayを利用しているか)を確認する理由は、その人のeBay取引経験値を確かめるためです。

一般的に詐欺用アカウントは下記の兆候があるようです。

・詐欺用に作ったアカウントは長期間使わないため新しい場合が多い
・悪事を働いてアカウントを停止される度に新しいアカウントを作っている

実際の詐欺アカウントは?

実際にあるセラーが詐欺に遭った時のケースはこちら。

バイヤーのfeedbackは「0」ゼロ、そして取引2日前に取得したばかりのアカウント。

そして、eBay取引の経験も無いのに「直接取引しよう!」という内容のメッセージが届きましたが、幸いeBayのプロに相談し適切な行動を取ったため被害を未然に防ぐことができました。

また商品の発送先をバイヤーのeBayやPayPalに登録している住所以外の住所に発送してくださいと依頼してきた場合は、詐欺のリスクが高いということで気をつけてくださいね。PayPalに登録している住所以外に発送した場合、PayPalからのセラー保護も受けられませんので注意が必要です。

残念なことにeBay上には悪事を働くバイヤーがいますので、事前に上記の点に気をつけるように意識することが大切です。

日本人詐欺バイヤーもいるのは本当?

非常に信じがたいことではありますが、最近落札者が日本人で日本の国内住所であるというケースが報告されており、詐欺の可能性があるそうですよ!

日本にいるなら日本国内のでアマゾンやヨドバシ等で購入したほうが安いですよね。でも、わざわざ高い金額でeBay上で購入するのだそうです。とても怪しい行動ですよね。

そして、購入金額も10万円以上だとか。。。

落札者の名前は日本人や中国人っぽいものから英語などあり、一目では詐欺の可能性を疑うことができませんが、発送先住所は日本の住所に設定されています。

必ず「発送先住所」も確認してくださいね。

このようなバイヤーはPayPalにて商品代金をきちんと支払ってはいますが、商品発送・到着後になんらかのクレームやPayPalでのチャージバックなどをしてくる可能性があるので慎重にアクションを取る必要があることを覚えておきましょう!

日本の発送先住所を設定している日本人(または日本人以外の名前)バイヤーで高額商品を購入した場合は、「詐欺の可能性」を疑い、商品をすぐに発送するのではなく、まずはPayPalに問い合わせて今後の対応について相談してください。

情報共有の大切さ

eBayビジネスをしていくうちにいろいろなバイヤーに遭遇したり、未着や商品破損などのトラブルを対応しなくてはならない場合もありますよね。

それらと同じように様々な新しい詐欺がどんどん出てきます。
eBayのルールに従って誠実にビジネスをしている日本人セラーが被害に遭わないために私たちにできることは他の仲間セラーとで「情報共有」です。

eBayビジネスで、

  1. 「学ぶ」
  2. 「実践する」
  3. 「失敗する」
  4. 「学ぶ」
  5. 「やり直す」 

を繰り返して経験値を上げ、スキルを磨いていくのです!

わからないことや知らないことがあれば、理解できるまで検索することは当たり前のことですが、やはり同じビジネスを運営している人との情報共有は非常に大切です!一人では対応できないことも、多くの仲間と情報を共有することによって、きちんと対応することができる場合もあるからです。

失敗を失敗で終わらせないようにしましょう!

いかなる経験も活かすか無駄にするかはあなた次第です。成功している人は失敗を経験しています。そして、成功している人は行動を取っています。

自分が体験した経験や情報はきっと他のセラーにも役立つことでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

eBay詐欺は今始まったことではなく以前からも存在しますが、時の流れと共に詐欺の形態も変わってきています。

もちろん詐欺に遭わないことが一番よいのですが、十分気をつけていても詐欺に遭ってしまう場合も今後あるかもしれません。

「このバイヤー(セラー)は少し変だな」と感じたら、まずはあなたの直感を信じてeBay仲間やeBayのプロに相談したり、eBayやPayPalに問い合わせましょう!

eBay取引をする際はいつも相手のfeedbackとeBayID開設日を確認する癖をつけておくのもよいかもしれませんね。

コメントを残す