これからAirbnbを始めるあなたにAirbnb 3つの役立つ基本情報

Airbnb, インバウンド, 基本情報

Airbnbは空いているお部屋などを旅行者に貸し出すことができる「オンラインプラットフォーム」です。

「オンラインプラットフォーム」とは、お部屋を貸し出ししたい人(ホスト)とお部屋を借りたい人(ゲスト)とをインターネットを通してつなぐ場所というような意味合いになります。つまりAirbnbはホストとゲストの仲介の役割を果たしている、ということです。この役割を担うためにAirbnbは仲介料としてホストとゲストから手数料を徴収しています。

Airbnbにこれから参入する方もこれまでAirbnbを運営している方も、Airbnbビジネスをしていく上で必ず知っておかなくてはならないことがあります。

知らなかった!では済まされないケースが発生しないようにするためにも、基本中の基本のAirbnb情報を正確に把握することが大切です。

今回はAirbnbに関して最低限知っておくべき情報をまとめてみましたのでぜひ参考にしてください。

Airbnbレビュー制度とは

Airbnbで成功するためには良いレビューと評判が必要不可欠です。

突然ですが、あなたは5つ星レビューを獲得するために日頃から実践していることはありますか?小さな誤りや間違いは今後のビジネスに大きく影響します。良いレビューを獲得するために今あなたにできる全てのことを実践しましょう。

全ての項目に5つ星をつけてもらえるように5つのヒントをまとめてみました。

正確な詳細をゲストに提供しよう!

明瞭で正確な情報を提供するように心がけましょう。ゲストに期待を持たせるようなことは言わないことも大切です。あなたが提供できることをゲストに素直に伝えましょう。

常に6つ星サービスを提供しよう!

レビューは5つ星が満点ですが、それに満足することなく6つ星を獲得する意識でゲストを迎え入れましょう。他のAirbnbのホストと差別化を図ることできっとゲストはあなたのリスティングに120%満足すると思います。

例えば、ゲストが到着する2、3日前にウェルカムメッセージを送り何か質問があるかどうかを聞いたり、長期間滞在しているゲストに何か困っていることなどないかフォローアップをしたりすることができます。

モダンなアメニティーを準備しよう!

価値のあるアメニティーを準備するのはもちろんのことですが、雨が多いこの季節は晴れた時に比べると気分が落ちてしまう時もありますよね。そんな時、もしあなたがNetfrixやHuluを購読していたらゲストは夜に大好きな映画を見てリラックスでき、翌日も日本を存分に楽しめることでしょう。

また、子供連れの家族が部屋を借りる場合、子供達が好むチョコ系のシリアルなどを準備しておくのもいいかもしれませんね。

あなたのゲストのことを事前に把握しよう!

Airbnbはゲストだけではなくホストもゲストにレビューを残すことができます。これから受け入れるゲストがどれくらいの頻度でAirbnbを利用しているのか、他のAirbnbでゲストがとても満足したことは何か、どのようなサービスを求めているのかなどを確認することができます。

日本食が大好きなゲストならあなたのお勧めレストランの位置や情報をまとめたリストを渡すのはいかがでしょうか?ゲストが求めているサービスを理解し実行に移すのが大事です。

あなたもAirbnbのゲストになろう!

ゲストがホストに何を求めているのかを知るために考えるだけでは時間だけが過ぎてしまう時もありますよね。そんな時は思い切ってあなたがAirbnbのゲストになりましょう!

そして、他のホストがどのようなサービスを提供しているのか実際に体験してみましょう!あなたが取り入れたいことはそれを上回る素晴らしいサービスに改良してゲストに提供しましょう。

いかがでしたでしょうか?より多くのゲストを迎えることができるように上記に記載した5つのヒントを意識的に実践して5つ星レビューをどんどん増やしていきましょう!

ゲストとのトラブルを減らすためのコツとは

Airbnbで予約が入ったらホストは「事前承認」または「却下」のいずれかを24時間以内に選択しなくてはなりません。トラブルを極力事前に防ぐためにも全てを「事前承認」するのではなく、そのゲストが信頼できるかどうかを先に判断するようにしましょう。

スクリーンショット 2016-08-25 12.05.54

スクリーンショット 2016-08-25 12.05.41

Airbnbは、ゲストとホストの双方が評価しあうレビュー制度が導入されていますので、ホストはゲストから問い合わせがあった場合、必ずゲストの評価を確認するという習慣を付けることをお勧めします。もし過去の評価であまり良くないことが書かれていた場合は、事前承認は行わず「却下」を選択するようにしましょう。

Airbnbを初めて利用するゲストから予約が入った時、評価がまだないためレーティングを確認することはできませんよね。そのような時は、宿泊合計額を確認しましょう!もし宿泊合計金額が2万円以上であればレビューがゼロのゲストでも事前承認してもよいと思います。宿泊合計額が高ければ高いほど安全である可能性が高まるということですね。

Airbnbでは、「パスポート認証」で自身のアカウントの信用度を高めることができます。ホストは、アカウント自体の信用度を高めるためにもパスポート認証はしておきましょう。また、Airbnbでは、ゲストに対して「ID認証」を必須で求めることができる機能が提供されていますが、ゲストで「ID認証」を行っているゲストはまだまだ数が少ないようです。

新規ユーザーはレーティングだけではなくレビューもないためよいゲストなのか悪いゲストなのか判断できません。このような時は宿泊合計額を確認したり、ゲストとのやりとりから信頼できるゲストかどうかを見分けるようにしてみましょう。

ホストはトラブルを未然に防ぐために質の高いゲストを見分ける判断力が必要です。

Airbnbの手数料とは

ホスト手数料とは一体何?

Airbnbは予約が確定する度にホストから3%の手数料(ホストサービス手数料)を徴収します。ホストサービス手数料は、予約の小計に応じて算出されます。ホストに送金される時はホスト手数料を除いた金額が送金されますのでご留意くださいね。

*小計とは?
1泊あたりの基本料金や清掃費用、追加料金も含めた宿泊予約金額の小計のことを言います。

ゲスト手数料とは一体何?

Airbnbはホストからだけではなくゲストからも手数料を徴収します。ホストサービス手数料の場合は、「3%」と手数料は固定でしたが、ゲストサービス手数料は予約の小計(手数料・税抜)に応じて変動(6-12%)します。予約確定前にだいたいゲストサービス手数料がいくらになるのか表示されます。

ここでホストが気をつけなくてはならないのは、ゲスト手数料をホストが計算することができません。また、もしゲストから宿泊料がいくらになるのかという問い合わせがあった時、このゲスト手数料を含まない金額を提示してしまうと予約確定後の金額と異なる可能性があります。ゲストにAirbnb上で合計金額を確認してもらうように促しましょう。

保証金とは

Airbnbの保証金という言葉をみなさん一度は聞いたことがあると思いますが、これが何かご存じでしょうか?

Airbnbの保証金とは、「チェックアウト後に盗難が発覚したり修理が必要になった場合、Airbnb経由で損害補償を請求しますから払ってくださいね!」というお約束をAirbnb経由でゲストと交わす制度のことをいいます。

Airbnbを介さない保証金を課すことはAirbnbの利用規約に違反することになりますのでご注意くださいね!

また、何らかの事情で被害額がカバーできない場合は、Airbnbの「ホスト保障」というものがあり最大100万ドルまで損害補償をしてくれますので覚えておくといいですね。(各種条件をクリアした場合限定)

なぜ保証金制度を導入しているのでしょうか?

保証金の設定はあくまでも「任意」です。しかし、万一トラブルがあった場合に、相手がもういない状態で被害額の賠償を直接請求することは簡単だと思いますか?

そんな時にAirbnbの保証金を設定していれば事がスムーズに運びます!
また、賠償額をゲストが拒否したり、ゲストと音信不通になった場合Airbnbが仲介に入ってくれるのでとても助かります。

「公正な請求だ」とAirbnbが判断した場合、Airbnbはゲストの登録口座から賠償金額を引き落とす権利を持っています。(ゲストが予約時に「保証金」に同意しているからです。)

保証金設定は無料ですので信頼できるゲストでない限りは設定しておくとよいでしょう。

保証金を設定することに決めたら、ホストのリスティングに反映させる必要があります。設定金額は部屋あたり100ドル~5000ドル。

なお、Airbnbへのサービス料はかかりません。

おまけ:民泊の魅力って何だろう?

少し話題がずれますが、民泊を運営するにあたり「なぜ民泊をしたいのか」目的を持つことは必要ですよね。

副収入のために民泊を始めるのもいいですし、民泊を通して世界各国から来る外国人観光客と国際交流を深めるため、という目的もいいですね。

民泊ホストをしているある人は、ある国へ旅行に行った時始めてAirbnbを利用しホストのホスピタリティー(おもてなし)に感銘を受けたそうです。

数年後、右も左もわからない自分を助けてくれた人たちへの恩返し、そして自分が体験したことを他の人たちとも共有したい、という思いで民泊を始めたとのこと。彼女は英語が得意な方ではないのですが、素敵な笑顔さえあれば英語が通じなくても心で会話ができる!と言っています。海外旅行中の嬉しかったことや助かった体験が民泊ホストとして生き生きと過ごしている彼女の活力となっているようですね。

シェアリングエコノミーのシェアリングは「共有する」という意味です。あなたの経験や体験、そしておもてなしを精一杯提供する、そして、いつか自分が外国に行った時は自分がおもてなしを受ける、これこそがシェアリングエコノミーの魅力のひとつだと感じます。

この世にお金で買えないモノはたくさんあります。「経験」、「体験」、そして「人とのつながり」などを民泊を通して感じてみませんか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

副業として民泊ビジネスをされていらっしゃる方もいれば、メインビジネスとして民泊を運営されている方、などさまざまな目的で民泊ビジネスをされていると思います。

ゲストのレビューは今後のビジネスを大きく左右しますので、この機会に高評価をもらうために今回ご紹介したヒントを参考にしてくださいね。

これまで以上に素晴らしいサービス・民泊体験をより多くのゲストに提供していきましょう!

コメントを残す