【最新版・必読】Amazon・FBA手数料値上げ決定「2018年4月24日よりスタート!」

Amazon, FBA

つい先日、Amazon・FBA手数料の値上げに関する通知メールが届きましたが、みなさん、そのメールに目は通しましたか?

今回のFBA手数料改定変更の内容ですが、手数料が改定されただけではなく、料金体系も変更となりましたので、今のうちに今回の改定された内容をきちんと把握しましょう。

今回はFBA手数料の改定と料金体系の変更についてわかりやすく解説させていただきますので参考にしてください。

今回の変更点とは

*配送代行手数料、在庫保管手数料、FBA商品ラベル貼付サービス手数料、
購入者返品手数料、納品不備受領作業手数料の料金を改定いたします

*出荷作業手数料(個数あたり)と発送重量手数料(出荷あたり)に
分かれていた配送代行手数料を、配送代行手数料(個数あたり)に統合いたします

*配送代行手数料のメディアとメディア以外の区分を統合いたします

*在庫保管手数料について、1月~9月と10月~12月で異なる手数料が適用されます
(在庫保管手数料は、2018年5月1日より改定後の料金が適用されます)

引用元:Amazon.co.jp

FBA配送代行手数料

FBA配送代行手数料は、これまで出荷作業手数料(個数あたり)と発送重量手数料(出荷あたり)に分かれていました。

しかし、今回の改定で配送代行手数料(個数あたり)に統合されました。

また、配送代行手数料のメディアとメディア以外の区分が統合されました。

小型、標準、大型のFBA手数料が、全体的に「100円くらい」増額されているのがわかります。

在庫保管手数料

まずは上記の画像を確認してみてください。

「保管する期間によって」保管料金が変わるのがわかりますね!これまでは、年間を通して「8.126円」だったのですが・・・

FBA商品ラベル貼付サービス手数料

これまでは、

小型・標準商品:「19円」
大型商品:「43円」

でしたが、今回の変更で、

小型・標準商品:「20円」
大型商品:「50円」

となります。

大型商品の手数料が【7円】も一気に増額となっているのがわかりますね!

納品不備受領作業手数料

次に、納品不備受領作業手数料の変更点に関してですが、納品不備手数料は「不備なく納品」できればまったく関係のない話です。

しかし、万一に備えてこちらの手数料の変更についても把握しておきましょう。

全体的に「20円~35円」の手数料増額となっています。「エアキャップでの梱包」の2回目以降、「テープでの梱包」の手数料は手数料が下がっていますね。

それだけ「エアキャップでの梱包」と「テープでの梱包」の不備が少ないと言えます。

【FBA手数料改定・料金体系変更】その他の注意事項

日本だけではなく海外でも配送コストが全体的に上がっているのは事実です。

そのため、今回のAmazonの手数料及び料金体系の変更は仕方のないことかもしれません。

なぜFBA料金体系と手数料の改定を行うのでしょうか?

FBAでは、出品者様のご期待に沿えるように、迅速で質の高いサービスを提供するよう努めると同時に、
業務の改善やコストの低減により低廉な価格を維持するよう努めて参りました。

しかし、保管、フルフィルメント、輸送、カスタマーサービスのコスト上昇など最近の様々な環境の変化に伴い、
今後も高いサービスの品質を維持するために、大変恐縮ですが、
この度の料金体系変更及び手数料改定をお願いせざるを得ない、との判断に至りました。

引用元:Amazon.co.jp

とは言ってもセラーにとっては厳しいですよね。

FBA手数料の変更は、2018年4月24日に有効になりますので、メモしておくとよいでしょう。

よくある質問⑴:

FBA手数料の変更は、2018年4月24日より前に注文した商品にも適用されるのか?

Amazonの回答はこちら:

FBA手数料は、Amazonフルフィルメントセンターから商品が出荷される際に算出され、請求されます。

そのため、2018年4月24日より前に注文された商品であっても、
2018年4月24日以降に出荷される場合には、新しいFBA手数料が適用されます。

引用元:Amazon.co.jp

つまり、4月23日までに注文が入っていても、

出荷されるのが4月24日以降の場合は、新しい手数料が適用される」

という意味となります。

よくある質問 ⑵:

出品する商品のサイズ区分を判断するにはどうすればよいのか?

Amazonの回答はこちら:

輸送箱内の商品情報は、納品プランを作成するときに提供してください。

出品する商品のサイズ区分を調べるには、商品サイズ区分の表を確認してください。

引用元:Amazon.co.jp

商品のサイズ区分については使用しているツールによっては確認が可能ですが、もしどうしてもわからない場合には「FBA料金シミュレーター」を使ってみてください。

FBA料金シュミレーターの「出荷作業手数料」を見ると手数料が確認でますので、実際の手数料と照らし合わせて確認してください。

よくある質問⑶:

今回の手数料の変更は、FBAマルチチャネルサービスやFBA小型軽量商品サービスにも影響しますか。

Amazonの回答はこちら:

今回の変更では、FBAマルチチャネルサービスおよびFBA小型軽量商品プログラムの料金は変更されませんが、
在庫保管手数料は2018年5月1日から新料金が適用されます。

引用元:Amazon.co.jp

FBAマルチチャネルサービスとFBA小型軽量商品プログラムについては、手数料の増額はありませんが在庫保管手数料については新料金が適用されるようです。

よくある質問⑷:

今回の手数料の変更は、長期在庫保管手数料にも影響しますか。

Amazonの回答はこちら:

今回の変更では、長期在庫手数料の料金は変更されません。

また、在庫の返送・破棄の手数料についても変更はありません。

引用元:Amazon.co.jp

長期在庫保管手数料や在庫の返送手数料、破棄の手数料については影響はないようです。

しかし、これらの手数料は「今回」は影響はなかったかもしれませんが、今後、これらの手数料についても変更が出てくる可能性はあると考えておいた方がよいでしょう。

Amazon.comのニュースにも今回の変更に関する記事がありました。日本のAmazonでは今回の改定・変更内容は4月24日から施行される予定ですが、アメリカ国内ではすでに2月22日から施行されているようですね。参考のため、Amazon米国のサイトで見つけた今回の変更内容に関する記事も紹介させていただきますね。

As in previous years, FBA fees in the U.S. have been adjusted to reflect the changing costs of fulfillment, transportation, and customer service. The new fulfillment fees took effect on February 22, 2018.

FBA is introducing the following changes:

  • Fulfillment Fees: We have adjusted our fulfillment fees for most product size tiers and weights. The adjusted fees apply throughout the year, and we no longer have a separate rate for October through December. For more information, see FBA Fulfillment Fees below.
  • Dimensional Weight Calculation: We have adjusted the way we calculate dimensional weight to align with current industry standards. Dimensional weight was previously calculated as the unit volume (based on length x width x height in inches) divided by 166. Effective February 22, 2018, we calculate dimensional weight as the unit volume (based on length x width x height in inches) divided by 139 (instead of 166). The dimensional weight is only applicable for large standard-size items weighing more than 1 lb. and all small, medium, and large oversize items.

    和訳:

    前年度と同様に、米国のFBA手数料は、履行、輸送、および顧客サービスの変化するコストを反映するように調整されています。新しい手数料は2018年2月22日に発効しました。

    FBAは以下の変更を導入しています:

    フルフィルメント手数料:当社は、ほとんどの製品サイズの層および重量についてフルフィルメント手数料を調整しました。調整された手数料は、年間を通して適用され、10月から12月には別途料金がかかりません。詳細については、以下のFBAフルフィルメント手数料を参照してください。
    寸法重量計算:現在の業界標準に合わせて寸法重量の計算方法を調整しました。寸法重量は、単位体積(長さx幅x高さ(インチ)に基づく)を166で割ったものとして計算されています.2018年2月22日に有効となり、単位体積(単位は長さx幅x高さ) 139で(166の代わりに)。寸法重量は、1ポンドを超える大きな標準サイズのアイテム、およびすべての小、中、大の特大のアイテムにのみ適用されます。

FBA Fulfillment Fees

The adjusted FBA fulfillment fees shown below took effect on February 22, 2018. The adjusted fees apply throughout the year, and we no longer have a separate rate for October through December.

Starting February 22, 2018, we calculate dimensional weight as the unit volume (based on length x width x height in inches) divided by 139 (instead of 166, as it was previously). The dimensional weight is only applicable for large standard-size items weighing more than 1 lb. and all small, medium, and large oversize items. Please note that dimensional weight is also used to calculate fees for Multi-Channel Fulfillment and the Inventory Placement Service.

和訳:

FBAフルフィルメント手数料

下記の調整済みのFBAフルフィルメント手数料は2018年2月22日に発効しました。調整された手数料は、年間を通じて適用され、10月から12月には別途料金がなくなります。

2018年2月22日から、単位体積(長さx幅x高さ(インチ)に基づく)を139で割ったもの(以前と同じ166の代わりに)を計算します。 寸法重量は、1ポンドを超える大きな標準サイズのアイテム、およびすべての小、中、大の特大のアイテムにのみ適用されます。 ディメンションウェイトは、マルチチャネルフルフィルメントと在庫配置サービスの料金を計算するためにも使用されます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回の変更によって、特に大きな影響を受けるのは、FBAのまとめ売り(食品など)狙いをしてるセラーさんかな、と思われますが、

・商品単価をあげる
・1商品の利益額を上げる

など、今後の販売スタイルに少し工夫をすれば乗り越えられると思いますので、この機会にビジネススタイルの見直しをしてみるのもよいかもしれませんね。

Amazonは突然今回のようにルールを変更しては、多くのセラーをいつも驚かせています。これからも他のルールが変更されることは容易に予測することができますので、Amazonから届く通知メールは必ず目を通しておきましょう。わからないことがあれば、サポートデスクに問い合わせ下さいね!